げぼげぼコミック

1990年代後半のゲーム・おもちゃをこよなく愛する人のブログ。大好物は初期のポケモン・ミニ四駆 (レッツ&ゴー世代)・ハイパーヨーヨー・初期のデジモン・当時のセガのアーケードゲーム(model2/model3)・音ゲーなどあの時のゲームやおもちゃを思い出し、収集したり、体験記を紹介します。あぁ懐かしいぃという感覚「げぼ」を広め、いつかドラえもんが僕の家に迎えに来ることを待ち望んでいる。

    マンガ

    SnapCrab_NoName_2016-1-29_22-33-52_No-00

    先週発売のスペリオールで最終回を迎えた「岡崎に捧ぐ」
    note時代を含め、4年間の連載に終止符を打ちました。この漫画との出会いは、このブログでもかなり最初の方で書いた記憶がありますが2015年に発売した「コロコロアニキ」に掲載されていた「ぼくらの一日」が始まりでした。

    それをきっかけにブログを開設し、懐かしいおもちゃを購入し、ツイッターで知らない人とのつながりをもったり、タンスの中がおもちゃだらけでカミさんが噴飯したり・・・・・

    そして今ではCEOだからなぁ!!!!

    この漫画を好きになったきっけとしてメインとなる舞台が「長〇田」であること、これが大きかった。長〇田は僕にとって第二の故郷と言ってもいい場所、なぜならばおじいちゃんおばあちゃんが長年住んでいた場所ですからね。よく長津田に入ったし、連れてってもらったりもしたり。だから登場する場所や風景はほとんどわかってしまう。だからTURAI!!!


    ・・・あっ、長津田って言っちゃったよ。まぁいいか




    長津田や地元から近い場所が漫画の中でちょこちょこ出てくる度に「あの時」が蘇ってくる。



    1巻では小学生の「あの時」




    2巻では中学生の「あの時」






    3巻では高校生の「あの時」






    4巻では大学生の時の「あの時」




    そう「あの時」



    そんなあの時の自分の光景を客観的に見ている気分にさせてくれたのが「岡崎に捧ぐ」でした。





    ・・・



    その・・・


    思い出すべ・・・






    すべてが

    ・・・




    (泣)




    これ以上が語れない!!!辛すぎる!
    医者呼んで来いいシャ!!









    ダメだ!もうだめだ!
    おっ。。。おっ。。。おっつtt(泣)









    SnapCrab_NoName_2016-4-12_21-22-46_No-00

    あぁああ医者じゃないNOBUYO!
    COME!BACK!


    今まで日々の生活でいっぱいだった自分に、ふと過去を振り返る機会を与え、新たな趣味まで作っていただいたこと。本当に感謝するとともに新連載が始まるとの情報も入っているので、先生には今後も漫画家として頑張っていただきたいものです。












    SnapCrab_NoName_2016-1-29_22-33-52_No-00

    中野ブロードウェイ内「墓場の画廊」で行われている岡崎に捧ぐ展に友人と行ってまいりました。

    墓場の画廊では岡崎に捧ぐ展の他にキン肉マンのグッツと我らがバイブル、チャンプロードのグッツもホント少しだけありました。

    僕はお目当てのマグカップとノートを購入、キャンパスアートも欲しかったのですがカミさんがもしかしたら別日に岡崎に捧ぐ展に行くかもしれないので、その時に頼むことにしました。


    写真 2017-03-05 12 05 43

    入口の様子、この並び方いいねぇ!!僕を殺す気かな!!


    そして、このイベントで一番驚いたのがキャンパスアートの展示してあるすぐ横で流れていたDVD







    岡崎に捧ぐ、聖地巡礼DVD







    !!!!


    これっ・・・・って



    俺のやってることやん

    げぼげぼCEOの活動はコチラ

    1巻。2巻で登場した場所を巡礼していました。制作担当は天下の小学館。やばい、ネイバーで俺がまとめた巡礼マップを見て「オイ!お前!権利侵害だぞ!」とか言われたらどうしよう・・・


    あぁ!その時は死ねばいいのかあははははは!!!




     
    写真 2017-03-05 18 04 34

    ということで岡崎に捧ぐグッツ+余計な物も購入し休日は終了。また中野(モスク)に行くのは半年後だな! 

    SnapCrab_NoName_2016-1-29_22-33-52_No-00

    先週、朝ツイッターを見ていたら山本さほ先生が我がモスク「中野ブロードウェイ」で期間限定岡崎に捧ぐ展を開催するという情報がはいってきました。さらに期間中サイン会をやるという情報も。

    サイン会!!!?!?!?

    こ、こ、こ、じこれはいくしかない !!!

    絶対行くしかない!!




    SnapCrab_NoName_2016-6-4_10-39-33_No-00
    ポケットピカチュウ渡しに行くしかない!!!



    しかしサイン会の条件として当日、 5000円以上の物販購入+先着30名様という条件が・・・


    「5000円かぁ・・・ちょっと予算が足りな・・・・」

    とでもいうと思ったかよ!!











    hqdefault
    歩くドバイと言われているげぼげぼCEOの潤沢で圧倒的な資産で そこを難なく超えてやるよ!5000円なんざケツ拭きティッシュだわw


    しかし

    「先着80名かぁ・・・来る人多そうだし・・すぐに人がいっぱいになっ・・・・」

    とでもいうと思ったかよ!!!






    SnapCrab_NoName_2017-2-25_6-7-54_No-00
    前日入りだよ!!!!!!





    とまぁ準備満タンだったのですが、肝心のサイン会が行われる日





    3月11日













     あっ!!!!






    ソノヒハ



    会社の棚卸の日じゃねぇか!!!!!!



    ・・・



    ・・・


    SnapCrab_NoName_2016-4-20_19-54-12_No-00

    SnapCrab_NoName_2016-4-20_20-0-35_No-00

    うぉおおおおおおおおおおおおおお




    ダメだ・・・



    GAMEOVER



    ということで大阪ロフトプラスワンのイベントに続き、山本先生のサイン会には行ける確率がゼッロォオオになりました。でも岡崎に捧ぐ展は期間中必ず行こうと思います。またサイン会があることを信じて・・・

    合掌 


    SnapCrab_NoName_2016-11-8_21-8-58_No-00



    僕の中でロコロコミックが衰退期に突入した時に新連載漫画として「宇宙人田中太郎」という漫画が登場しました。


    既に連載していた学級王ヤマザキのようなギャグマンガ、たまに見ると面白いんですが主人公をいじめて笑いを取るスタイルが僕はあまり好きになれませんでした。


    その後、コロコロコミックを買わなくなり田中太郎のこともすっかり忘れていましたが、このブログを開設するにあたり田中太郎を思い出したわけなんですが


    最終回が気になる・・・・


    グーグルで「田中太郎 最終回」と検索。するとコミックの評価サイトで最終回の内容と漫画のレビューを見ることができました。(こちらのサイトです)しかしこの漫画、このサイトでは・・・











    酷評の嵐











     

    あまりにも酷評で逆にもう一度見返したくなりましたこの漫画。というかこのサイトが辛口評価が多いかな?


    次回作を期待してます、ながとしやすなり先生!


     
     
      うちゅう人田中太郎(4)【電子書籍】[ ながとしやすなり ]   


    【中古】 Quick Timeプログラミング・バイブル /田中太郎(著者),姉歯康(著者),木村真(著者),鈴木陽介(著者), 
    宮田正秀(著者) 【中古】afb

    SnapCrab_NoName_2016-8-6_9-8-10_No-00


    家族で買い物に行ったときに僕は出会ってしまったんです。アゴゲンと!!

    この出会いから最終巻まで長い付き合いになるとは・・・・







    出会いの最初は何気なく立ち寄った本屋で、父親が

    「面白いマンがあるぞ!これ!」

    ということで見たのがアゴゲンの2巻、昔の本屋は今みたいに立ち読み防止のビニールなんてかかってなかったので少し立ち読みができるシステムでした。


    ちょうど見たのが、ケンジが焼き芋屋の呼び込みし散る時にトラックが爆発するシーン。このシーンで笑いがこらえられない程、クスクスが止まらなくなってしまったんです。


    ということで迷わず購入!
     

    2巻から買ってしまったため漫画の概要が全くつかめませんでしたが、その後も3巻、4巻、途中で1巻を購入しそこからは発売日になると新品で購入し、いつしか自分も中学、高校、大学と成長していきました。


    こんなに長い間、漫画を継続して購入したのは後にも先にもこのアゴゲン以外考えられません。


    そして


    数多く登場したアゴゲンのブラックユーモアは僕の礎となったのは言うまでもありません。小6であの漫画と出会ったのはちょいとまずかったかなぁ・・・・











    時が流れて、とあるドキュメント番組で女性刑務所の特集をやっているときに、独房の中に本棚がありそこにアゴゲンが並んでいるのを見て


    俺の判断は間違ってなかった!
    そう確信しました。

     



    このページのトップヘ