げぼげぼコミック

1990年代後半のゲーム・おもちゃをこよなく愛する人のブログ。大好物は初期のポケモン・ミニ四駆 (レッツ&ゴー世代)・ハイパーヨーヨー・初期のデジモン・当時のセガのアーケードゲーム(model2/model3)・音ゲーなどあの時のゲームやおもちゃを思い出し、収集したり、体験記を紹介します。あぁ懐かしいぃという感覚「げぼ」を広め、いつかドラえもんが僕の家に迎えに来ることを待ち望んでいる。

    プレイステーション

    maxresdefault



    1998年、プレイステーションから全く新しいパズルゲームが登場しました。XI(サイ)です。

    僕の地元のマルエツのゲームコーナーに試供台としてこのゲームがあったんですが全然ルールもわからず、ただただゲームオーバーを繰り返していました。馬鹿だったので毎日のようにマルエツに行っていたため、試供台が空いていればこのゲームをやっていました、しかしやっぱり瞬殺、ゲームオーバー



    こうしちゃいられん!
    スタンフォード大学も目をかけるGEBO少年のジーニアスブレインが火を噴いた!







    説明書??感覚でゲームのルールなんてわかるものだよ、僕の地元フィラデルフィアではみんな説明書は燃やして自分のイノベーションをか・・・・




    (自分の構想したルール)
    ・雷に当たらないようにサイコロを転がす
    ・地面に着地している秒数でゲームオーバーになる
    ・時間が経つとサイコロが消える
    ・地面にいるとヤバい



    (っで実際のルール)
    ・サイコロ上部の出目の数だけくっつけて消す、例えば3の目だったら3を3つくっつけたら消える
    ・消えかかっているサイコロに同じで目を近づけると、そのサイコロも消える
    ・サイコロがマス目に全部埋まるとゲームオーバー
    ・ちなみに雷はサイコロが登場するマスに振ってくる、当たると死ぬとか関係ない





    SnapCrab_NoName_2018-8-15_17-15-40_No-00

    構想していたルールと全っっ然違う♡
    まっっっっっったくクリアできん!




    ちなみにマス目がいっぱいにならずゲームオーバーになったのはたぶん、制限時間ありのモードをプレイしてたからだと思う。

    このゲーム地元では流行らずやってる人もいなかったんですが、今やったら楽しそう。


    嫌絶対楽しいでしょコレ!

    あっ、でも今年出るプレステミニとかに収録されんのかな?収録されたらやりたいな!
    あっ、でもあれか、転売ヤーに買い占められるかあれ、


    プレイステーション2名曲1200-630

    プレイステーション2が登場する・・・・

    にわかにそんな噂が流れた・・・・



    性能・グラフィックはぶっ飛んでよくなりCD-ROMからDVDというものに変わる、

    DVD??????

    現存している最高級グラフィックのドリームキャストよりもきれい!?
    これ以上画像綺麗になって・・・
    俺の目ん玉この先どうなっちゃうんだこれ!?



    PS2に関する情報は今のようにインターネットが普及していなかったので「ファミ通」か「電撃プレイステーション」が唯一の情報源。そんな中、なんと99年秋のゲームショーに登場との情報が!!!
    俺は行ってない!!!


    僕の予想ではグランツーリスモ1に搭載されていたHI-FIモードの動き、これがプレステ2の動きだと思っていました。



    HI-FIモード、まぁこんな感じがプレ2のグラフィッ・・・・

    だが


    ゲームショーで登場したプレイステーション2版グランツーリスモは




    SnapCrab_NoName_2018-3-31_18-11-0_No-00
    えっ・・・・・







    揺れるカゲロウ!
    ガラスに反射する建物!
    気絶するげぼ!




    ほどなくしてプレイステーション2は2000年に発売、その発売の様子がようつべにありました。


    時代を感じる顔ですね!!!!!





    31BYNB8S4DL

    パズルゲームと言えばの王道の「ぷよぷよ」「テトリス」が大変有名ですが、その代表作2つとは
    全く違う
    全く新しい
    全くパズルゲームが97年
    全くプレイステーションから登場しました。


    パズルゲームでありながら「脳ゲー」というキャッチコピーで堂々の登場









    IQである











    これじゃあゲームの内容全然伝わんねぇや!!!!さすがTAS先生!!!



    このゲームはとってもシンプル。
    いやシンプルすぎて最初見たときは「これはホラーゲームなのか・・・」と思うくらい音楽も周りの景色もない




    maxresdefault (1)


    あるのは人間と迫りくるブロックのみ!!!!
    なんだこれホラーゲームだろ!








    ゲームのタイトルであるIQとは知能指数のことで、よく頭のいい人や賢い人はこのIQが高いと言われていますよね。

    でっ、このゲームでは迫ってくるブロックを上手く消していって、消し方・かかった時間等でIQを測定できる画期的なゲームなんですねぇ。その中で消してはいけない黒ブロックや周りのブロックも同時に消せる黄緑色のブロックが出てくるのでちょっとした戦略が必要です。また黒以外のブロックを消してしまうと減点とな・・・・・・・・・

    くだらない説明はさておき、当時説明書をほぼ読まないげぼ少年は、このゲームのルールすらよくわからず全然クリアできずスランプに陥り、怒っていました。この時点でIQはマイナス1京ですね!


    しかし、そこはゲームなのでやっていればなんとなくルールやクリア方法もわかってきて順調に進んでいき




    3面か4面までいってゲームオーバー


    そして・・・




    IQ・・・・・・・・・150








    P1060573

    おぉおおwおおそうかw僕は将来ココを目指す人間なんだ!!!!!








    20年後・・・・・













    5d0f6637





    51W7D4DG0YL

    ゲームショーの戦利品として体験版を持って帰る戦士が多かったあの時代、どの年代か忘れましたがゲームショーの時にもらってきた体験版で面白かった作品がありました。


    とんでもクライシス



    体験版に収録されていたのは



    SnapCrab_NoName_2018-1-4_17-17-17_No-00


    障害物をよけながら、鉄球からから逃げるやつと


    SnapCrab_NoName_2018-1-4_17-18-19_No-00


    上から降ってくる石やら何やらを交わしながら、エレベーターのボタンを高速で押すやつと



    SnapCrab_NoName_2018-1-4_17-10-54_No-00

    カイジみたいなやつと








    SnapCrab_NoName_2018-1-4_17-11-13_No-00

    ありえない角度で障害物を交わす、このミッション





    AMAZING!!!!!!スーパー面白い!!!!





    初見殺しはしょうがないとして、程よい難易度が餓鬼にはちょうどいい!!
    お父さんの「ぎょえぇえええええ」っていうコメントがなつかしぃなぁ~・・・

    体験版を一通りやり終わった後「あぁコレ発売されたら絶対買うわ」枠に見事入りました。













    っで結局買ってないっていう・・・・・









    hqdefault

    これ海外版もあんのかよ!!!!





    時間のない方のために動画を載せときます。



     





    smile

    ビーマニ3rdの次に家庭用のソフトで登場したビートマニアゴッタミックス。DJバトルでせんだみつおと谷啓が出てくるのは斬新な試みだと思いますが、そもそもゴッタミックスという名前、全く意味が分かりません。



    ということで調べました。








    ゴッタとはごった煮のことでした。






    ごった煮とはいろいろなものを混ぜて煮たものを指しますが、よくわからないので画像で調べてみると













    f31a42863f6eac77cd914d4b0962fecc

    いやこれ煮物だろ






    何故ごった煮という名前なのか、それは今までのビートマニアシリーズとは違うカラーの曲を家庭用の新作として出したいという製作者の思いから、新しい作品は今までの曲とは違う、様々なジャンルの曲を収録することで「ゴッタミックス」は誕生したんですねぇええぇえぇえ







    image2

    いやだったら名前「ビートマニア煮物」がよかったなぁ!!!!!





      

    このページのトップヘ