げぼげぼコミック

1990年代後半のゲーム・おもちゃをこよなく愛する人のブログ。大好物は初期のポケモン・ミニ四駆 (レッツ&ゴー世代)・ハイパーヨーヨー・初期のデジモン・当時のセガのアーケードゲーム(model2/model3)・音ゲーなどあの時のゲームやおもちゃを思い出し、収集したり、体験記を紹介します。あぁ懐かしいぃという感覚「げぼ」を広め、いつかドラえもんが僕の家に迎えに来ることを待ち望んでいる。

げぼげぼコミック イメージ画像

2018年10月

僕が小学6年か5年の時に初めて回転すしというものに行きました。今や1皿100円というのが定番で高くても200円とかに設定されてますが、初めて行った回転寿司は上は1000円下は100円と幅広く値段が設定されていたのを覚えています。流れてくる寿司・・・・・斬新!!!!寿司と
『初めての回転寿司』の画像

1998年、プレイステーションから全く新しいパズルゲームが登場しました。XI(サイ)です。僕の地元のマルエツのゲームコーナーに試供台としてこのゲームがあったんですが全然ルールもわからず、ただただゲームオーバーを繰り返していました。馬鹿だったので毎日のようにマル
『サイというルールが全くわからなかったゲーム』の画像

朝!!!!!「あぁ今日雨降りそうだな、傘持っていけばいいのかな?そうだおはスタでやってる天気予報チェックっクしておくか!」・・・・・・・・・・・「んだ見れねぇじゃねえか」「あぁもう全然集中できない!!!!」っていうこの経験、絶対僕だけではないはず
『コロコロ天気キッズは邪魔の何物でもなかった』の画像

またテレビ番組の話で申し訳ないんですがフジテレビで放送していた「愛する二人、別れる二人」僕が小学生の時にこの番組を見て衝撃を覚えました。どういう番組かというと、悩みを抱えた素人(夫婦がおおかったかな)が出演し大物芸能人にご教授してもらうというのが主題だと
『愛する二人、別れる二人という番組』の画像

今回はゲームやおもちゃの話ではなく僕が小学生の時にいろんな意味で衝撃的なドラマが放送されていたのでその話をします。「恋の奇跡」というドラマです。このドラマ、どんなドラマかというと主人公の妙子(超絶デブ)という人がいて、その父の関係でなんかよくわからないけ
『「恋の奇跡」というドラマ』の画像

↑このページのトップヘ